シムラ病院は 外科、整形外科分野で広島の救急医療を支えます

 

 

 

 

 


 

 

〒730-0841
広島市中区舟入町3番13号
info@shimura.or.jp

 

 

 

>
>
>
マンモグラフィ

 乳棒検査(マンモグラフィー検査)

 マンモグラフィー検査とは?

マンモグラフィは乳房を広げて圧迫しエックス線で撮影する検査です。乳房を片側ずつ、上下または左右から圧迫して薄く平らにして撮影を行います。
触っても分からない小さな病変を見つけることができるので、早期発見に役立ちます。

デメリットとしては、わずかですが被曝がある、乳房を圧迫するため痛みを伴う、ペースメーカーやチューブ、カテーテルなどの医療器具、豊胸術後など胸部に器具が入っている方は検査を受けられないなどがあります。


乳棒撮影=Mammography

 

 

 マンモグラフィーと検診

マンモグラフィは、現時点で乳がんの死亡を減少させる効果が証明されている唯一の検査です。日本の対策型検診では2000年から50歳以上の女性に、2004年からは40歳以上の女性に、2年ごとの検査が推奨されています。

一方で、乳腺密度の高い人や若年者では病変が描出されにくく偽陽性も多いため、40歳代に対してはエコー検診の併用が検討されています。もっと若い40歳未満を対象とする乳がん検診は定まっていません。

 

 

 患者さまにお願いしたいこと

放射線を使用する検査になります。

 妊娠の可能性のある方は、必ず事前にお伝えください。

痛みがある場合は、ぜひ教えてください。

 診断に有用で痛みの少ない撮影を心がけます。

検査に不安がある場合なども、できる限りサポートさせていただきますので、

 遠慮無くお伝えください。

☆当院はずべての撮影を女性技師が行っております。

 

 

放射線科に戻る