シムラ病院は 外科、整形外科分野で広島の救急医療を支えます

 

 

 

 

 


 

 

〒730-0841
広島市中区舟入町3番13号
info@shimura.or.jp

 

 

 

>
>
膝関節血腫

 膝関節血腫(膝に血が貯まること) 

1.病気について
 膝関節に血腫とは膝関節内に血が貯まって腫れた状態になることです。病院で注射器で吸引してもらって、内容物が血液である事がはじめて判明します。血腫の原因となる疾患の検索が重要となります。
 怪我が原因かどうかで大きく二つに分類されます。怪我に関係している場合は外傷性血腫といって、膝関節の骨軟骨損傷(いわゆる骨折や骨がかけた状態)、半月板損傷、靱帯損傷等を念頭に置き、検査をしながら、患部の安静に務める事が重要です。特にスポーツ外傷の場合は、半月板損傷か靱帯損傷かをできるだけ早くMRI検査などで正確に診断する必要があります。
 一方怪我とは関係なく発症したのなら、非外傷性血腫として区別します。病院では色素性絨毛結節性滑膜炎(PVS)、血友病、血管腫、神経病性関節症、特発性出血などを疑い、精査を勧めます。