シムラ病院は 外科、整形外科分野で広島の救急医療を支えます

 

 

 

 

 


 

 

〒730-0841
広島市中区舟入町3番13号
info@shimura.or.jp

 

 

 

>
>
乳児化膿性股関節炎

  乳児化膿性股関節炎

1.症  状
1)罹患側の大腿を中心とした下肢の腫脹。
2)著しい運動制限、自動運動の欠如。
3)機嫌が悪く、他動的に股関節を動かすと激しく泣く。
4)熱発

 

2.検  査
1)血液検査;
   炎症の程度を血液で検査します。白血球、CRP、血沈のすべてもしくはいずれかは高
   値を認めます。
 
2)エックス線検査;
   関節内に膿がたまっているので、関節列隙はむしろ拡大します。健側と比較すること
   が大切です。
 
3)MRI;
   関節内の膿が明確に描出されます。
 

4)超音波検査;

   低侵襲に関節内の膿による関節列隙の開大を見ることができます。

 

3.治療について
 早期発見して、外科的に穿刺あるいは切開排膿して、関節内の圧を減圧してやることと、細菌を洗い流すことが最も重要です。術後は患部を安静にして抗生剤の注射を受け、血液所見が陰性化するまでは、抗生剤治療を続けます。

 

4.薬剤について
 抗生剤の注射です。

 

5.病気について
 乳児特に新生児が熱発して、下肢を動かすと号泣すれば、化膿性股関節炎を疑います。股関節に細菌がはいったまま放置しておくと、股関節の軟骨や大腿骨頭は破壊されてしまいますので、骨頭変形、股関節脱臼・亜脱臼などの重度変形を遺残してしまいますので、一生問題を残します。 
 早期発見早期治療がすべてで、予後(その後の症状の遺残など)は発症から治療開始までの期間に左右されます。