シムラ病院は 外科、整形外科分野で広島の救急医療を支えます

 

 

 

 

 


 

 

〒730-0841
広島市中区舟入町3番13号
info@shimura.or.jp

 

 

 

>
>
リハビリテーション科

 リハビリテーション科

  リハビリテーション科   理学療法(PT)
  作業療法(OT)   言語聴覚療法(ST)
  リハビリ室の環境   実績(平成26年度)
部署紹介TOPへ戻る

 

 

 ■リハビリテーション科

      

シムラ病院のリハビリテーション科は、理学療法士20名、作業療法士21名、言語聴覚士3名、アシスタント1名の総勢44人(平成29年4月1日現在)。

患者さんと1対1で行うリハビリを大切にし、身体機能や生活動作能力の回復だけではなく、「その人らしさ」を取り戻す事を理念に掲げ、他職種で連携をはかりながらリハビリを提供しています。

一般病棟(急性期)、回復期リハビリテーション病棟では、途切れなくリハビリを続けられるよう

365日体制でリハビリを提供しています。

自宅退院を目標に早期からリハビリを開始し、必要に応じて理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が重複して関わります。また、必要に応じて患者さんのご自宅を訪問し、退院後の生活が安心して送れるよう対応します。退院後は状態に応じて外来で、入院中に解決できなかった問題に対してリハビリを行います。

認知症患者の方には、起床直後や就寝前の時間にもリハビリスタッフが介入し、患者さんに適した生活リズムで過ごせるように関わります。

緩和ケア病棟では、緩和ケアチームの一員として、身体機能の向上や生活動作能力の向上だけではなく、患者さんやご家族の方の苦痛緩和に携わります。

 

 ■理学療法(PT)

理学療法では、けがや病気が原因で発生した障害に対して、理学療法士が病状や理想的な身体の動きを踏まえて治療プログラムを作成し、運動療法を行います。主に「起き上がる」「立つ」「歩く」など、日常生活に必要な動作能力の改善を行います。また、安心した生活が送れるように、杖や装具、住宅改修等のアドバイスを行い、社会復帰や自立支援のお手伝いをします。

 

 ■作業療法(OT)

 

作業療法では、けがや病気によって変化した生活に視点をおき、着替えやトイレ、入浴などの日常生活や、家事や仕事、趣味などにおいて、運動能力を活かすための練習、生活環境や福祉用具のアドバイスを行います。また、入院生活の過ごし方を一緒に考えたり、心理的・精神的な面からも、患者さんの回復に向けた生活を支援します。認知症患者さんなどを対象にして、入院生活を穏やかに過ごしていただけるよう、レクリエーション活動も実施しています。

 

 ■言語聴覚療法(ST)

 

言葉やコミュニケーション、食べる事(咀嚼・嚥下)などに問題がある方に対し、検査、訓練、指導、援助を行います。特に食べる事は心身の状態に関わることなので、栄養科や訪問歯科と協力して、食事形態や口腔内の問題についても検討します。

  

 ■リハビリ室の環境

 

リハビリ室は、大きい窓から差し込む日差しで明るく、若いスタッフが多い活気ある場所になっています。退院後の生活に近い環境で練習ができるよう、玄関、和室、家庭用浴室などがあります。また、主に症状緩和に使用される電気治療や温熱治療の機器も充実しています。

   

 

 ■実績(平成26年度)

  【学会発表】

『当院におけるい大腿骨近位部骨折患者の自宅復帰に関連する因子の検討』

第16回世界作業療法士連盟大会・第48回作業療法学会 岡島 順子(OTR)(H26.6.18-21)

『当院緩和ケア病棟におけるリハビリテーション科職員の現状と課題

〜「緩和ケアに関する医療者の知識・態度・困難感尺度」を用いて〜』

第19回日本緩和医療学会学術大会  伊藤 美希(OTR)(H26.6.20-21)

『腹部深層筋機能の向上が健側下肢支持性を改善させ独歩獲得に貢献した足関節脱臼骨折の症例』

中国ブロック理学療法士学会  石井 陽介(RPT)(H26.8.30-31)

『当院のモーニングリハの取り組みについて〜“するADL”に視点を置いた朝のADL介入〜』

公益社団法人 広島県理学療法士会  山本 辰也(RPT)(H26.12.6-7)

『当院回復期リハビリテーション病棟における認知症患者を対象とした認知症カンファレンスの取り組み』

第40回広島県病院学会 友國 賢太(OTR)(H27.2.15)

 

  【院外活動】

広島県理学療法士会 中支部長

中村 亮一

K−net研修会がんセミナー『緩和ケア病棟におけるがん患者のリハビリテーション』講師

伊藤 美希

第70回国民体育大会冬季大会スキー競技会 トレーナー帯同

俵屋 真弥

 

 ■実績(平成25年度)

   【学会発表】

『在宅復帰が可能となった認知症を有する大腿骨頚部骨折患者の事例』

第47回日本作業療法士学会 岡 健太郎(OTR)

『当院外来におけるがん患者に対するリハビリテーションの実績とその効果』

第18回日本緩和ケア学会 伊藤 美希(OTR)

『当院回復期病棟における認知症患者へのイブニングリハの取り組み(第1報)』

回復期リハビリテーション病棟協会 第23回研究大会 豊田 敬一(OTR)

『当院回復期病棟における認知症患者へのイブニングリハの取り組み(第2報)』

回復期リハビリテーション病棟協会 第23回研究大会 山下 由梨(RPT)

『クライエント自身が作業療法を行うということ』

日本作業療法士学会 第1回学術大会 豊田 敬一(OTR)

 

  【院外活動】

公益社団法人 広島県理学療法士協会 一般理事兼中支部長

中村 亮一

広島県理学療法士協会 中支部症例検討会 症例発表

石井 陽介

第95回全国高校野球選手権大会 メディカルサポートスタッフ

中島 幸生

広島県作業療法士協会 菓子博 電動車いす移動支援ボランティア

伊藤 美希