シムラ病院は 外科、整形外科分野で広島の救急医療を支えます

 

 

 

 

 


 

 

〒730-0841
広島市中区舟入町3番13号
info@shimura.or.jp

 

 

 

>
>
理事長ごあいさつ

 理事長ごあいさつ

理事長からのご挨拶

 

ごあいさつ

理事長 種村 一磨   

  曙会 シムラ病院は、昨年創立六十周年を迎えました。日頃より
の御指導、ご鞭撻に心より感謝申し上げます。
 当院は「医療の原点は救急医療にある」との院宜のもと、広島の
二次輪番救急に取り組んでまいりました。大きな社会変化の真只中ですが、最近では広島都市圏で最も問題化している外傷を中心に、出来るだけ断らないよう、病院あげて努力しています。
 また、理念のもう一つの柱として全人的医療を掲げていますが、特に終末期医療に重点を置き、緩和ケア病棟(いわゆるホスピス)を設けています。死は万人に訪れるもので避けることはできません。出来るだけ安らかに尊厳を保った訪れを迎えて戴くために、手厚いケアに努めていきます。これからの多死社会を迎えるにあたって、国民全てが向き合っている問題です。
 どのように社会が変化してゆこうとも、基本的な入り口(救急)と出口(看取り)の医療の重要性は変わらないと思います。出来れば医療者として逃げ腰になりそうな分野であるからこそ、民間の小病院ではありますが、正面から取り組む気概を持ち続けたいと考えています。
 また、多くの外傷の患者さんが、国民病ともいえる骨粗鬆症を有しており、外傷の治療のみにとどまることなく、引き続きこの疾患の治療にも専念すべく、検査機器も充実しておりますので、宜しく御利用戴ければ幸いです。
 最後に、隣地に新しい施設の建設を計画中で、令和3年初頭に稼動を目指しています。
手狭になった病院機能の拡充と介護保険適用の特定施設等を計画しております。
工事中は何かとご進感をかけると存じますが、ご容赦下さい。
今後とも引き続き宜しくお願い申し上げます。
                                    平成31年4月吉日

 

   ≪参考≫ インタビュー記事:医療情報サイト・メディカルノート

   『外科と整形外科診療で広島市の救急医療を支えるシムラ病院』